IPOで利益を出す為に抑えておきたい事

IPOの最大のメリットは株を事前に安く手に入れられる可能性があることです。

企業が上場を果たせば一般投資家も購入ができ、人気がある企業の場合は株価が公募価格より大きく値上がりしたりします。

IPOは公募価格上場によって数倍~数十倍まで上がることが珍しくありません、たしかに公募価格より下がることもありますが下げは限定的なものです。

IPOで利益を出すためには

IPOのデメリットは公募価格より初値が下回るケースや上場後値動きが激しということがあります。

人気のないIPOは市場参加者の買いが集まりにくく初値さがれば損失につながります。

上場したばかりの企業銘柄は株価上下が激しくて長く持てば公募価格より下回ることもあります。

リスク減らすため公募で当選した人の常とう手段ですが公募で手に入れたIPO銘柄は初値で売るという手法もあります。

IPOで利益を出せる理由

どうしてIPOは通常と違って高い確率で利益を出せるのでしょう?

それは上場する際の公募価格が比較的低く設定してあるので初値が公募価格を上回るからです。

初値とは?

公募価格は上場前の株売り出し価格であり、上場初日市場で初めてついた株価を初値と呼ぶのです。

IPO株は市場に上場するとき一時的株価で公募価格が設定されて、すでに上場してる企業希望価格はその時点で市場株価参考に決められて、IPOみたいに新規で上場するときその企業の実力など参考に判断されています。

公募価格の決め方

価格の決め方ですが、IPOをする企業の代表が金融機関など機関投資家を個別訪問して、企業の現状についてヒアリングを行ったり、機関投資家ヒアリング結果のもと、証券会社が企業と協議して公募価格の仮決定をしたりします。

IPOをする企業側からすると公募価格を高くすると下部が売れない懸念があります、華々しく初日を飾りたいという思惑で、公募価格は割と安く設定されるよう協議します。

なので上場初日買いが殺到して、利益を出しやすくなります。

IPOを申込みするとき、これを取り扱う証券会社に口座を開く必要があり、その後証券会社のホームページから今申込みできる新規公開株を調べてみましょう。

気になる企業があれば抽選に申し込んでみるのもいいでしょう。

もし抽選に当たっても、買わない選択肢も選べてまずきがるに抽選参加してみるのも良いでしょう。

PageTop