インカムゲインとキャピタルゲインの違いを理解するのが大事

投資で得られる二つの大きな収益にインカムゲインとキャピタルゲインが存在します。

双方の違いをきちんと理解する事で最適な長期投資を自分で行っていく事が可能となるのです。
投資は短期的な売買だけではなく長期的な投資をいかにして視野に入れるかを考える事で最適な投資を行っていく事が可能となるのです。
インカムゲインとキャピタルゲインの違いをしっかりと理解する事で最適な投資を行っていく事が可能となるのです。

資産運用において多様な収益源は大変重要な事です

株式投資にしろ外国為替に関連する商品にしろ、インカムゲインとキャピタルゲインの利益を上手に得る事で大変大きな利益を得る事が可能となるのです。

インカムゲインとキャピタルゲインの双方を手に入れたり、また投資を行って行く中で、万が一片方で損失を出した場合に片方で補填するリスクヘッジの方法を学んでいく事で長期的な投資を行っていく事が可能となるのです。

投資にはおいては常に収益と損失が輻輳しますので、その点を考えていかに多くの収益源を持つかが大変重要な事なのです。
キャピタルゲインとは購入した金融商品そのものの価格の変化による収益の事です。自分が購入した商品の価格が上がれば収益となり、反対に価格が下落して損失を被ればキャピタルロスとなります。

インカムゲインは。株式投資における配当等や投資信託や外国債券における分配金です。配当は年に数回、投資家に還元されます。
安定した配当を行なう会社の銘柄は大変多く、日本を代表する大企業やディヘンシブ銘柄等に多くあります。

インカムゲインは大変大きな収益を貴方に与えてくれますが、時には多きな損失を同時に計上するリスクもありますので、その点からしてもいかにキャピタルゲインを上手く使っていけるかどうかで自分の収益を上げる事が可能となるかを考える事が可能となるのです。

双方を上手に手に入れる賢い投資戦略を考える事で多くのリスクをヘッジして適切な投資を行っていく事が可能となる

長期投資で安定した収益を上げるならインカムゲインを確実に狙いながら、長期的にキャピタルゲインを得る投資戦略を実行していく事が失敗の少ない投資を行っていくにはベストな方法となるのです。

毎期、安定した配当を行っている会社の銘柄をピックアップしてドルコスト平均法で購入を継続する事で長期的な資産形成が可能となってきますので、これをポートフォリオの軸にする事で快適な投資の礎を築いていけます。

インカムゲインとキャピタルゲインの二重取りは中々難しいですが、インカムゲインで長期間きちんと配当利益を積み増しておけば、株価の変動で損失を得た場合でも補填を行う事ができるのです。
投資にはこのような柔軟な発想が大変重要なので、常に安定してした運用とリスクヘッジを心掛けていきましょう。

PageTop